わたしたち土地家屋調査士について

土地家屋調査士

日本の不動産登記制度では、登記は大きく「権利に関する登記」と「表示に関する登記」に分かれております。
「権利に関する登記」については司法書士がこれを扱い、「表示に関する登記」については土地家屋調査士がこれを扱います。
※不動産の登記に関連して、農地をほかの用途に転用する際や、畑や山林を造成して宅地などにする開発行為を行う際には、市町村に許可申請が必要になりその代理申請を行う専門家は行政書士になります。
土地家屋調査士は昭和25年7月31日第228号で公布された土地家屋調査士法により創設された国家資格で、不動産の登記制度を円滑に機能させ、ひいては、国民の権利の明確化に寄与することを目的として作られた、不動産の表示に関する登記についての専門家です。
「土地家屋調査士」は、みなさまの大切な土地と暮らしの安心と安全を守るため、不動産の登記申請や登記について必要な不動産の調査または測量、また土地の境界の調査確定を主な業務としています。土地家屋調査士は、すでに60有余年の歴史を持つ国家資格者です。

こんなときは土地家屋調査士にご相談ください!

土地家屋調査士にご相談ください!
  • 建物に関して新築したとき、増築したとき
  • 建物を取壊したとき
  • 畑や山林を宅地に変更したいとき
  • 隣接するいくつかの土地を一つにまとめたいとき
  • 相続や贈与、売買のために土地を二つ以上に分けたいとき
  • 登記簿に記載してある面積と実際の面積がちがうとき
  • その他に、境界の調査や法務局の地図に大きなズレが会ったとき