地目変更登記

地目変更登記

田や畑、山林などを造成して登記簿の地目を変更していない場合には、「地目変更」登記を申請します。山林や畑であった所に建物を建築したとき、または駐車 場や資材置き場等にしたとき、実際の地目に変更する登記手続きです。但し、登記簿の地目を農地(田、畑)から農地以外(宅地、雑種地等)に変更する場合 は、農業委員会に対して農地法の届出又は都道府県に対して農地法の許可が必要になります。

  • 地目変更登記における注意点
  • 申請人となるべき人は表題部所有者又は所有権の登記名義人になります。
    共有の場合は、共有者の一人からの申請ですることができます。地目変更登記は現状の利用状況を重視します。
    そのため、登記簿上『山林』であって現地が更地であっても客観的に観察して『宅地』や『雑種地』など他の地目に変更されたと認められない場合は登記できません(このような状態を中間地目と呼ばれています)。農地から他の地目に変更する場合には農業委員会の許可が必要になるため注意が必要です。
こんなときはお気軽にご相談ください
  • 売買、贈与、相続等で譲り受けた土地の現況が登記簿の地目と相違していた
  • 土地の利用目的を変更した(例 畑⇒宅地)
登記申請のときに用意していただく書類
  • 1.登記申請委任状(こちらで作成いたします。)
  • 2.登記簿上の地目が農地(田や畑)の場合、農地転用許可書又は届出書
    その他場合によって上記以外の書類をご用意頂く事が御座います。