地積更正登記

地積更正登記

土地地積更正登記とは、土地の面積を正しい数値に改める登記です。登記簿の地積欄に登記された数値が、初めから間違っている場合に正しい地積に改める登記です。(土地には色々な経緯があり、実面積と登記簿の面積が異なる場合があります)土地地積更正登記のために面積を算出するには、境界を確定する作業が必要ですので、通常の土地積更正登記とは境界確定測量と地積更正登記申請を合わせたものになります。

  • 地積更正登記における注意点
  • 申請人となり得る方は対象土地の表題部所有者又は所有権の登記名義人です。共有の場合は共有者の一人からも申請することができます。実測した結果、現在の公簿面積より増えてしまう場合は、固定資産税も増税となる事が有りますのでご注意下さい。
こんなときはお気軽にご相談ください
  • 登記簿の面積を正しくしたい(実際に測量したところ、登記簿面積と実測面積が異っていた)
登記申請のときに用意していただく書類
  • 1.登記申請委任状(こちらで作成いたします)
  • 2.隣地土地所有者と土地境界を確認したことを証する書面(境界確認書又は筆界確認書)
  • 3.市町村と官民境界について確認したことを証する書面
  • 4.地積測量図(土地家屋調査士が境界調査、測量をして作成)